EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

Pintek Soft

Oyama RR1

Filed under: のりもの — sunpin @ 2014 年 6 月 2 日12:10 AM

写真とるネタはあっても根性がなかったりする今日この頃、また文字ばかりの記事。まあともかくついにOyamaRR1で40kmほど走ってきた。

・・・結構いいじゃん、これ。

■走行性能
結構気持ちよく走れたのでうれしい。ちょっとギア比が足りないかなってのは予想通りだけど、 足りない状況は現時点ではほとんどないので、もう少し体を鍛えない限りは改造する必要はなさそう。もしギア比を変えたいなら、
金澤輪業
こちらでCapreoの使えるリアホイールか、60Tのクランクセットを買えば問題なさそう。多分クランクセットが楽だし、それだけで十分なギア比がでそう。

■ハンドル周り
ハンドルの高さと距離がほとんどかえられないのと、折りたたみ時にアレンキー使ってハンドルの角度を変えないとあまりコンパクトにできないという点がちょっといまいちか。ポジションは今のヘタレなおいらにはこれで問題ないけど、折りたたみの点では 早めに改善したい。チラチラといろいろなサイトをみながら考えるに、ハンドル周りはダホンやターンの部品流用できそうにも思える。(どちらもにたようなハンドルポストのバラしかただ、ってだけしか確認してないけどもw) ダホンのハンドルポストなら簡単にハンドル外せそうなので輪行が楽になりそう。まあハンドルポストも安くて5000円くらいしそうだし、換えるとなるとブレーキレバーやバーテープも外す必要があるので、もうすこししてからかな。

■折りたたみ
二つ折りにしてハンドルポスト折るだけなら簡単。 ただそれだと今一コンパクトにならない。アレンキーでハンドル曲げてやればそれなりにコンパクトに。ちょっとそこまでするのは面倒くさいけど。

■輪行袋
この袋買ってみた。安い割に上出来。まあ意外とでかいし重いってのが難点だけど、自転車に固定できるのでさして問題ない。ちなみにこの袋、折りたたみなら24インチのバイクでも入るんじゃないだろうか、というくらい結構でかい。 だから上記のアレンキーでのハンドル曲げをしなくても入るな。まあ折った方がコンパクトになるから、ちょっとした移動以外はちゃんと折った方がいいけど。

というところで、手を入れようと思っていたところもさしたる問題ではなかったりで、7万ちょっとでこれなら大満足。(改造するところがないのは逆につまらないともいえるのだけどw)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(c)2017 Pintek Soft