Pintek Soft

個人的イヤホン・ヘッドホンリスト(イヤホン編)

Filed under: オーディオ — sunpin @ 2008 年 5 月 30 日3:25 AM

おいら的に何か方向性を間違えている気がしているのですが、ゲーム関連よりもイヤホンネタでこのサイトを見てくれている方のほうが多いみたいですね(汗

調子に乗って個人的に好きなイヤホンをあげてみることにします。値段別で。

 

3000円台以下

・・ちょっと大雑把な区切りかもしれませんが、3000円台以下は値段差で音が決まらない気がするのであえてまとめてみました。

・KOSS THE PLUG

未だに六角イヤーチップが付いていたころのPlug使ってますが、決して音はよくありません(爆)でも最近のPlugはかなり改善されていて、低音以外は常識的な範囲のまともな、値段なりの音は出ていると思いますよ。少々ぼけ気味ですが量の多い低音が気に入れば間違いなく買いだと思います。ハウジングが大きいので改造もし易いです。

PHILIPS SHE9500

おいら的定番って奴ですね。上から下までわりときちんと鳴ってくれるので安心して使えます。音が地味だという方もいるようですが、まったくそうは感じませんね。一般的にこれはフラットだといわれますが、ちょっと低音強めに思います。ポータブルオーディオで使うとちょうどいい位に作ってあるのでしょうね。

 

4000~10000円

Etymotic Research ER-6

「その値段じゃ買えねえじゃん」とリンク先を見て言わないでくださいねw 音屋ならその値段で買えますので。・・いや、誰もここ経由で買ってくれないと思っててもあえてアフェリンク作ってみたいじゃないですかw 音は割と繊細でかっちり鳴ってくれるのでかなり好みです。店頭試聴しかしてませんけど。ほしいですが結局ER4買ってしまいそうなので・・

 

1万円台

・・・E4と書こうと思ってたんですけど、Amazonしか売ってない・・? ディスコンですかね。型番的にはSE420が後継かと思えなくもないですが、値段が全然違うので・・あえて言えばDenon AH-C700とか、AudioTechnicaのCK9あたりでしょうか。どちらもとても良いですが買いたいほど良いとは思わないので(爆)<好き嫌いの問題です、単に。・・それ言ったらE4も買ってないわけですが;

 

2万円以上

・・これも大雑把ですが、ぶっちゃけた話をさせていただくと

Etymotic Research ER-4S

これ一択なんですよ、おいら的に。これより高いイヤホンだと、Shure E5や UE 5Proは聴いたことがありますが、それらと比べてER4はつまらなくて無味乾燥な音がします。多分ShureやUEはある程度空間的な残響を加味した音作りをしていると思います。それに対してER4はかなり直接的な鳴り方をします。信号に対して忠実に思える音が鳴ってくれるというか。前述のER6も傾向は似ていますが、もっとつまらない鳴り方です(笑。

まあE5は比較的味付けが少ない方だと思いますが、現行のShureの方向性はかなり「音楽的」な方向に振っているみたいなので、本当にER4一択になってしまいました・・

 

総括

・・・すげえつまらないリストですね(爆

まあどれがお勧めかと聞かれれば、金に物を言わせればER4、バランスをとってER6、安くいくならSHE9500・・本当につまらないですねw

というのは音質と値段だけを考えてまして、装着感はどれもあまりよくありませんのでそのつもりで(爆 この三つは確実に人を選びます。もしもそこも含めて、万人受けしそうなものを考えると・・好みでCK9かAH-C700じゃないでしょうかね。僕が買わないのは、普通に良い物は避ける癖があるだけですので(爆。普通といってもどちらも個性のある音ですので、試聴は必須ですけど。低音がほしければC700,きれいな高音ならCK9って感じかと思います。

あ、かなり偏った趣味の人間の発言なので、話半分に聞いておいたほうが良いですよw?

次はヘッドホンリストやりますか。こっちは結構普通にいいものが並ぶかもしれません。

キャラクタ作成に入ったものの・・だめかも;

Filed under: ゲーム — sunpin @ 2008 年 5 月 27 日2:37 AM

 

とりあえず仕様が決まったからってことで、モデリングを再開しました。でも・・・これ駄目かなあ;

まあおいら的にはそこそこまとまった感はあります。しかしそれが問題ですわ。まとめようとすると、どうしても絵が古くなる;;;

基本的にこういう絵なんですね。俺の絵って。

テクスチャを使えば今っぽい絵になるかと思ったら、昔手で描いてた絵みたいになっただけですよ、ええ。

この状況はある意味非常事態だ。いいか、隊長の指示を絶対に守れ、それが死を意味してもだ!

・・・隊長って誰だ。

テクスチャはFireworksでベクトルデータで作っているので、簡単に部品ごとの比率を変更できます。

・・それが故、気付くと黒目の面積を小さくしてました;;

今の絵って、大抵もっと黒目が大きいんですよね。わかります。

 

ま、それだけの問題じゃないでしょうけど;; というか、このサイズの黒目のほうが据わりのいいモデリングをしてたというのが正解です。

 

しゃあねえ、いかにも流行りもののモデリングでもしてみるか・・

 

てか、今の流行ってどんなですか?教えてください!お願いします!

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   こうですか!?わかりません!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

・・とか平気で古いネタをやる体質を変えないと無理かもしれません;;

xnaのテクスチャ

Filed under: ゲーム — sunpin @ 2008 年 5 月 25 日12:52 AM

何気なくxnbのファイルを見てみたんですよ。

元がテキストファイルのfbxだったファイルは、一応バイナリにしてくれるので容量は減ります。この辺はまあ、順当といった話で。

 

で・も。

 

問題は画像ファイルなんですよ。

 

130×100ピクセルの画像のxnbへの変換結果は・・

 

52kb

 

です。平たく言って

 

100x130x4=52000

 

ですよ?つまり32ビットベタ画像。未圧縮。

 

いくらなんでもそれはないんじゃねえ???

 

こりゃあいよいよjpg展開ルーチンも作らなきゃだめですか?

・・そこまでやる気はあんまりないなあ;;;どうしましょ;(まあ放置するような気がしますがね;

とりあえずできた!?fbxローダー

Filed under: ゲーム — sunpin @ 2008 年 5 月 22 日9:16 PM

 

テクスチャも貼れましたよ?

あ、テクスチャ自体がアレなのは勘弁してくださいね?

訴えないでね(汗 別に意味はないんですよ?

毎度この絵だけみると標準のローダでも変わらないというお約束ですが、一応アニメーション(ボーンアニメ含む)対応してますんで、いろいろ問題が無いわけじゃないですけどゲーム作るのに充分なシステムできたような気がしますよ。

コンテンツパイプラインの仕様上、いくつか気に入らない点もあるんですけどね。特に隠しておきたいパラメータを表に出さざるを得なかったりとか、できることなら改善したい・・まあ、別に自分だけでやってるんだから、たいした問題じゃないんですけど。

それはともかく、XSIのFBXエクスポータ、バグ見つけました・・複数のテクスチャをマテリアルに貼ってあると、まともに吐き出さないことがあります。まあ、どのみちFBX自体がマルチテクスチャきちんと対応してないのかな?(もしかするとXSIのエクスポータがそのようなコードを出しているだけなのかもしれませんが)UVも1つしか出ないみたいですし。

というか

FBXの仕様考えた奴表出ろ~~~

複雑な割にものすげーパラメータ同士の繋がりが切れてたり、すげえ非論理的な感じがします。

・・オブジェクトとマテリアルの接続を表現するところはあるのに、マテリアルとポリゴンの関係が曖昧だったりとか。ポリゴンに番号が振ってあるのですが、その番号って、マテリアルの・・書いてある順番ですよ?

しかも、そのオブジェクトに付属するマテリアルだけの並び順なんで、ちゃんとマテリアルを抜き出してやらないとどれがどれだか分からないという。

・・それとも、もっといい方法あったんですかねえ(大汗

なにせ、きちんとした資料ないから、ほとんど自力で解析したからなあ;;;

・・あ、そういえばアニメーションの曲線のほう、まだやってないや(汗

まあ読み込みはできてるのでどういう仕様にするかだけです。たいした問題じゃない。今度は本当にw

ヨシャキターーー

Filed under: ゲーム — sunpin @ 2008 年 5 月 20 日6:01 PM

 

・・というタイトルですが、絵はまるで

「すいません、ちょっと通りますよ・・・ 」ですね(腕があるけど;

とりあえずBone変形これでOKじゃないかと。ちゃんと意図のとおりに変形してくれます。

あとはアニメの曲線とテクスチャが出せれば大体ゲーム作るのに問題ないレベルに到達しましたよ!いやまあ他にモーションブレンディングとか絶対ほしいですけど。とはいえこれでモデルの仕様がほぼ固まったので、画の作成に入ることもできます。

というわけでモデリングもはじめ・・るまえに、今ウケてる感じの画を研究しないとねー。

 

あ、一応言っておきますが、しばらく作ってたモデルは俺の趣味バリバリで作ってたってこともあって、受けをとろうという意思があんまり働いてません。本当だってば。だがこれから俺の趣味から多少外れても一般受けを狙うさ、本当さ!・・とはいえ、なんだかんだ言ってある程度は残るし、それが味であり愛だってものですわね。

しかしそうなるとシナリオとかも考え出さないといけないわけで・・構想はあっても、文章にできるかがねー;

まあ、最低限自分で納得できるものくらいはできないとは申しませんが、なにせ時間がかかります。そういう意味では、文章って才能もともかく、技術なんだな、と実感するしだいで。絵やプログラミングと同じですね。(この並びにプログラミングを持ってくることの方が本当はナニなんですがw)

Older Posts »
(c)2017 Pintek Soft