Pintek Soft

イヤホン製作中

Filed under: オーディオ,がじぇっつ,工作,音楽 — sunpin @ 2016 年 8 月 17 日1:02 AM

ついにイヤホン製作という泥沼に足を踏み入れてしまった。

まあ好みがシングルユニットなので、それほど深い沼ではないとは思うけども。

バランスドアーマチュアであれば、市販のスピーカーが普通に買える上、BAユニットはあまりイヤホンの構造に音質が影響しにくいはずなので、まあ割と簡単なほうかと思う。ER−4なんかで使っているED29768なんかも買えるので、ご家庭でも簡単にER4並の音のイヤホンが作れる・・はずだろうと。

13962915_1575480642756145_4358530338981906886_o

で、何種類かBAユニット買って試作してみたら・・・はんだパッドをもいでしまった・・・w

Knowlesのユニットの半田パッドはもげやすいの知ってたくせに。

まあとりあえずの本命、ED29768は今のところ無事なので、慎重に、半田パッドをもがないような設計を考えている・・w

シェルは3DCADで設計して、3Dプリンタで作っている。こんな使い方できるだけで3dプリンタ買ってよかった。というかとっとと買うべきだった。

で、設計詳細はできてからSTL公開も含めて書くとして、現在悩んでいる点。

・・こんなに簡単に半田パッドがもげるなら、いっそMMCXコネクタつけてリケーブル可能にしちゃおうかしら、というあたり。まあ無駄なんだけどな、リケーブルなんて。コネクタつけるだけ音質わるくなるし、コネクタがあるだけ故障要因ふえるだけ。しかももげやすいのは試作中だけで、設計きまっちゃったらそんなにもげないと思う。

そして多分コネクタつけても、半田パッドもいじゃう可能性減らないか、短い分、力かかっちゃってむしろ壊れるかもしれないくらいw

というわけなので、ある程度良いケーブルを固定でつけちゃうのが正解だと思うのだけど、個人的にはある程度の太さの多心のOFCケーブルがあればそれでいいだろうと思ってる。贅沢して銀メッキとか。ケーブル変えて音が良くなったと思ったら、それ多分どっちか(もしくは両方)が悪質か、故意に音作りしてあるケーブルじゃないかと。そういうの嫌。

と考えて色々探して・・

http://www.aliexpress.com/item/10m-Acrolink-Silver-Plated-6N-OCC-Signal-Teflon-Wire-Cable-0-12mm2-Dia-0-8mm-For/32231190428.html?spm=2114.13010308.0.44.t3H3sk

このあたりがメーター百円切ってるし、悪くないかなあと。まあイヤホンひとつあたり5mくらいは使うので、ケーブルだけで450円くらいかかっちゃうわけだけども。まあいいかそのくらい。というかこないだ試しに買ったケーブル、もっと高かったじゃんw

それとヒシチューブ、フォンプラグで7〜800円か。じゃあ買ってみようかなあ。

 

3Dプリンタ購入(ハード編

Filed under: がじぇっつ — sunpin @ 2016 年 8 月 10 日9:17 PM

そういえば、書いてなかった3Dプリンタのこと。

http://www.aliexpress.com/item/Hot-bed-Delta-3d-Printer-Kits-Large-3d-Printer-With-LCD-Display/32653390559.html

こんなタイプの3Dプリンタを購入、組み立て、活用中。ホットベッド込みで2万5千ほどと、まあお安いのでとりあえず買ってみた。

13330917_1552279465076263_597029097737632964_n

安かろう悪かろう、と思うところだが、正直それほど悪くなかった。いくつかの点を除いて。

  • ホットベッドつきのセットはは通常版に比べてスイッチング電源を追加してある。(だからちょっと値段が高めになるんだけど・・十分安いけどな)・・この電源、振ると音がした…w ねじが落ちてやがったw まあ一歩間違うと火事ジャン、こういうの。キットだから自己責任なので、こういったところは注意しないと。
  • 部品の向きが取説だとわかりづらいところがある。まあ基本的にすべて同じ向きになるように組め。
  • ソフトの入ったSDカードが読み取り不良w まあ必要なところは読めて、一般的なソフトが一部おかしくなってただけだったので何とかなったが、ファームとかがおかしかったら大変だった・・・w(一応既存のファームをいじればいけるけど、調整箇所多すぎてねー。
  • ホットエンドのリミットスイッチがうまく作動しない。部品の精度がいまいちで、リミットスイッチ押さえのヒンジ部分がスムースに動かなかった。削っちゃえばOKってのはこの手のキットでは不具合とは言わないか。

このくらいだからまあいい。安いし。

あえて言えばもう一点、ホットエンドを支えるボール継手の精度が妙に低いところがあったな。
継手が1mm以上も隙間があったりして、よくこんなのでまともに使えるな、と思うが、最低限何とか使えるレベルにはあったので、まあこんなもん。でも気持ち悪いので継手部分は現在発注しているところ。

だいぶ前に組み上げて、結構プリントして遊んでるんだけどな。とりあえず危ないところに鼻が利いて、ある程度の技術があるなら、すごくいい玩具なので、買ってみるといいと思う。

といったところで次回ソフト編。

(c)2017 Pintek Soft