Pintek Soft

NB550D 使ってみて

Filed under: PC — sunpin @ 2011 年 2 月 14 日1:16 AM

とりあえず数日使ってみて。

・OSは繁体中国語・英語から選択できる。英語版で(多分中国語版でも)、インストールするときに言語設定を日本語にすれば(あとからもできるかもしれんが)MSIMEも使えるので、使用上全く問題はない。ただしOSのメッセージやコントロールパネルなどは英語のままなので、英語も中国語も読めなくて、なんとなくで使いこなす自信もない場合は勧められないか。

・キーボードも中文。見た目の問題だけで英文と殆ど変わらないと思う。タッチはちょっとモッサリする。バネが弱いのか、返ってくるのが遅いので、あまり速く打つのには向かない気がする。

・バッテリーは6時間くらい?まあ上出来だけどぎりぎり足りない感じ。やっぱりバッテリー買い足そう。ebayでバッテリーの型番(PA3820U-1BRS)で検索かければ見つかる。送料がかなり高いけど、こういう時こそセカイモン使うと安く上げられる。複数だとさらに安くなりような予感。2個買いしようかな。

・目論んでいたNorthFaceのヒップバッグに入れる作戦は・・・まあ入るけどギリギリすぎる。やめたほうがいいな。

・性能は・・画面解像度以外全く問題なし。これで画面解像度がWXGAだったら全く文句がなかった。というか3DCGソフトでのモデリング、おいらが必要なレベルは完璧に満たす。ミッドポリ(Nurbsでフリーズしたら数万ポリゴン程度)のモデリングなら特に問題なさそう。

・筐体の作りは、まあ今のところ、問題は一切感じない。結構しっかりしているし変な歪みもないので、しばらく使ってどうなるか、につきるか。この点はACERだったらありえないレベル。ただその分きもち大きかったのでヒップバッグに入らなかったと言えるw(まあサイズよく見なかった俺が悪いだけだが) ちょっと大きい分タッチパッドも普通に使える。

というわけで結論からすると、

11.6インチのZacateノートを買うべきだった

と言えなくもないが(ぇ)、まあ小さいほうがいいので。Acerのほうが画面解像度の問題も解決できるだけいいんじゃねという説もあるが、そのことに気づいたのは発注したあとだったし、Acer製品を海外から購入するのは保証面でもダメ・・・海外購入品は日本国内ではサポートしてくれない・・・だし、なにせクオリティ的に保証を使う可能性がそこそこにある気がする。Acerはそんなもん。なので、やはり現状では東芝がベターだったと言える。ま、Acerの方はずっと安いみたいだけどな。Asusから同仕様のものが出てたら考えたけど。

ってWSVGAだったら東芝じゃなくてASUSでもよかったじゃん。多分そっちは安いし。まあいいけど。筐体の出来はASUSはOKレベル、こっちは上出来レベルだし。と普段それほど重視してない点を突いて自分を慰めてみる。まあ重視してないと言ってもAcerレベルだと我慢が必要なレベルな気はするけどね。我慢すれば済むレベルだから買うのもわるくはないけど。

ま、この性能と筐体ならかなり長いこと使いそうな予感。いいよ~。これ。多分GPU性能を求めない人なら国内向けのAtomモデル、N300も結構おすすめできるんじゃないだろうか。

ちなみにAmazonでN300を買うと45800円ほど(11・2・14現在)。台湾からNB550D輸入して42000円くらいだったかな。ま、苦労したくなけばN300を国内で買うのも悪くないのでは。GPU性能いらないならだけど。もしAtomN550マシンは意外と重い、ならごめんw

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

(c)2017 Pintek Soft